官能短編集 ―"MILF" の交歓日記 

5分で読める《アダルトファンタジー》セックスの向こうに、愛が見えたら幸いです。 ※MILF=Mom I'd Like to Fuck (スラング:性的魅力のある人妻または年上の婦人)

連作で順次綴っていきます。タイトルごとに旧い記事から順にお愉しみください。 内容は、未成年の方にはお勧めできません。R―18でお願いします。

今だから ステージ2

艶姿(あですがた)

 綾乃は快感の波に呑まれ、夢中で麻尾にすがりつきながら何度も痙攣して果てた。
 若い男のモノは、期待を越えて彼女を潤してくれたうえ、いつまでも脈打っている。
 ああ…、どうしよう。もっと欲しくなっちゃった… 
 綾さん…最高です。でも思いっきり出したから、しばらくはダメかもです・・・。 
 ねぇ、バスルームに行きましょう。もっといいことさせてあげる…
 彼女は濡れた恥部から、愛液にまみれた彼のモノをそっと抜き、そのまま浴室へと駆け込むとシャワーの栓を全開にした。
 その後を追った彼が、芯まで萎えきってはいない剛棒を揺らしながら入っていくと、既に蒸気が立ち込め一瞬彼女の姿を見失うほどだった。
 広い浴室の奥では、綾乃がシャワーの湯を頭から浴びて、妖しく微笑んでこちらを視ていた。
 まだ若い彼女の肌は、朝の陽光のような照明を反射しながら、湯の飛沫をはじいて白く輝き、長い髪が乳房にまとわりついて泳いでいる。
 双方から歩み寄り、一気に互いの舌をむさぼり合う。
 犯して… 綾乃は一言残して崩れ落ちると、彼のモノを捧げ持つようにして口に含み、従順な目で見上げた。
 しばらくその濡れ猫のような姿を見ていた麻尾の目に、獣の光が宿った。
 ねぇ綾さん…、次はみんなでしようか? 
 エッ?みんなって…? まさか…、他のゼミの子たちまで?
 いやいや、もちろん女は綾さんだけ。こんな…ほかにいないですよ。貴女にももっと気持ちよくなってもらいたいし。独り占めしちゃ悪いでしょ。野郎はみんな貴女としたがってるんだから。 
 予想しなかった展開。「輪姦(まわ)される?!」彼女は、怖さと切なさで取り乱した。
 そんな…そんなの…ひどいよ、ねぇそんなこと、云わないで…。私、貴方(あなた)とだからこんなこと…、いけないと思ったけど…、
 お願い、貴方の好きにしていいから、だから…そんなこと云わないで、お願い麻尾君、今度は生で、そのまま入れていいから、ね?
 
 言いながら綾乃は、びしょ濡れの身体をすべらせて男に絡みつき、自慢の乳房を握らせる。彼の股間に手を伸ばすと、すっかりもとの勢いを取り戻して脈打っていた。
(エッ? さっきよりもスゴくなってるみたい…) 
 ソレを自分から口に含み、喉の奥までほおばって、嗚咽を漏らしながら彼の尻に手を回して懸命にしゃぶりあげた。
 それはもう、成熟した女にしかできない執拗で慈愛に満ちた性為に違いなかった。
 間もなく若い男は我慢できなくなったと見えて、綾乃を抱き上げ、片脚を上げてモノを軽く当てる。
 とすでに満開に咲いている彼女の花弁は、太い肉棒をヌプリと呑み込んでしまう。
 ああ!うれしいッ…あぅッ。貴方の、すごく太くて、硬くて…奥まで届くの…あぁ、気持ちいいよ…
 男の胸にすがって身を任せる綾乃。ホッとしたのと、待ちかねた彼の剛棒の動きに夢中になり、一気にのぼりつめてしまう。
 あんッ…麻尾くん! すごくいいよぉ・・・もう綾、我慢できないぃ、イっちゃう!イクう、イクうぅ…
 彼女のアソコがいくら締まっても、男の激しい責めは抑えることができず、すっかり彼のペースで犯されてしまう。もう、少女のようにしゃくりあげ、されるがままである。
 一方、麻尾の腰は、まるで別の生き物のように激しい律動を休みなく続けている。
 もう、そんなに速くしたらぁ、らメぇ! 今イッたばかりだからぁ、アンッ、またぁ、ハぁうう、あうう… 
 唇をふさがれ、痺れたからだを必死に彼にからみつける綾乃。股間からは、白濁した本気汁が糸をひいて大量に滴り落ちている。
 しかし、さすがに熟しきったカラダに吸いつかれた彼の方も、気が遠くなるような快感とともに絶頂を迎え始めた。
 方や、激しく密壺を掻きまわされて、涙をあふれさせながらも、かぶりを振って耐えている綾乃
 あぅッ すごい、麻尾くんの、スゴいよぉ・・・、カタいぃ。アヤの奥でぇ…スゴぉい…気持ちいい… あぁっ…いやぁ! らめよぉ、そんなに、したらぁ…またぁ…
 それでも、気を取り直すようにして潤んだ目を凝らし、彼の首に腕を回して自ら唇を重ね、彼の膨れ上がった肉棒を根元まで逃すまいと、痙攣するヒップを健気に押しつける。
 綾さん、いくよ! このっまま…うっ
 いいよ、いいよ、麻尾くん、アヤの中に…、あん、いっぱい、いっぱい出してぇ・・・貴方のぉ!
 時を越えて、最高に美しく輝く綾乃の艶姿
 あンっ、嬉しい!出てるぅ…、熱いの…、あたしも一緒に、イクよ、あん、またぁ…
 すごいぃ、すごいぃ、麻尾くん♡、こんなの初めてぇ、イっちゃう、イクッ、あっイッくぅ…はぅ、はぅ、はあぅぅ…